I am a man who came from outer space but currently doing a photographer based in Tokyo where is a city in a planet called earth.

Follow Me

Copyright 2014 - 2016 artratio.net All Rights Reserved.

WELCOME
AKIOMI KURODA PHOTOGRAPHY
Check My Works
YOU EXPRESS
I  LOVE
MOMENT
ANYWAY
LIFE
GOES ON

WHO I AM

I’m a man who came from outer space, but I’m currently a photographer based in Tokyo on a planet called earth.

I was born in Tokyo in 1983 and brought up Tokyo.
Working in advertisement and magazine fields as a photographer since 2016.
Awarded domestic and overseas.

I’m also an experienced software engineer.

– –

チョキでグーに勝ちたい合理主義のロマンチスト。都内在住。大学入学と同時にインターネットに没頭。以降、独学でウェブシステムを構築。フリーランスのエンジニア・ディレクターとして活動開始。大規模プラットフォーム運用から新規サービス立ち上げまで幅広く経験。2014年より国内外コンテストやウェブを中心にフォトグラファーとして活動開始。、2017年には商業フォトグラファーへ転向。ビジュアル制作とフォトグラファーWEBマガジンを主事業として株式会社ヒーコを立ち上げる。同社代表取締役。

現在、商業領域では広告や企業写真を中心に出来ることを最大限やっていたら撮影をはじめビジュアルアドバイザー的立場であったりと風呂敷を広げすぎている。同時に、写真・カメラ領域では自社メディアでの執筆をはじめ、写真専門誌やイベントにおけるセミナー講師やステージ登壇など幅広く行う。IT領域における知識や経験、独学によるキャリア形成経験を活かして技術情報の伝播や、SNS時代からのクリエイターキャリアパスというテーマで右往左往しているプレイングマネージャー。

人物写真を得意としていましたが、ライティング好きが高じてブツ撮りも増えてきました。これまでの作品や当ページまたはポートフォリオをご参照ください。

色々やっているので、プロフィールでなんと書いたら良いかわからないので良い案があったら教えてください。

About artratio.net

当サイトについて

当サイトでは、作品の紹介、近況のアップデート、出版・掲載情報などを主に更新していきます。(広告・ビジネス写真をのぞく)。
稀にテクニカルな内容なども掲載するかもしれませんが、基本的にそういった情報はいま話題のフォトグラファーによるWEBマガジン ヒーコに寄稿しています。

ARTIST STATEMENT

HUMAN CONDITION

ソフトウェアエンジニアリングの世界に身を投じた10年の過程で獲得した自己発見の一つは、ソースコードの美しさを追求するあまり機能性や可用性を損なう事例が少なくないという点だった。これは私の極めて恣意的な美の基準が、プロダクトの提供すべき体験とは異なる価値観として潜むことを意味する。様式美や形式手法への固執が招く結果は、理想と現実のコントラストのように望まれないユーザー体験となって現れることもある。

この問題に対して私の出した一つの仮説は、機械言語を完全なる自然として生み出すには機械的に命令しなければならないというものである。人が人からしか生まれないように。

現代において、私たちが制作するデジタルデータを通して生成されたビジュアルには、機械と人間の命令が共生している。我々の自由意志がシャッターを押した瞬間は、機械によって光から符号に変換されて記録されており、符号化されたデジタルデータにおいては被写体がそこにいた事実すら容易に改ざん可能な情報となっている。ソフトウェアエンジニアからフォトグラファーとして第二の人生に移行する過程、写真を通して浮かんだ違和感は、この改ざん可能な現実と虚構のコントラストだった。

そんな折、Gregory CrewdsonやHerb Rittsの写真作品、Edward Hopperの絵画作品に代表される論理的整合性を超越した虚構や違和感の中に、ある種の人間的な整合性を感じたことは大きな発見と喜びだった。

私の作品は、「人間の条件」を自ら確認する創造的行為であり、私が人間に抱く興味の投影そのものであり、そこには虚構と現実、そしてエゴイズムが潜んでいる。

HUMAN CONDITION

One of the self-reflective discoveries over the ten years of dedicating myself in software engineering is that there were a number of cases where functionality and availability were impaired due to my pursuit of beauty while writing source code. This meant that my heavily arbitrary criteria for aesthetic value had added a different element on top of the anticipated product experience. I had learned a lesson that having an obsession with beauty of form and technique may at times result in an unsatisfactory outcome in terms of user experience. Just like the gap between ideal and real.

I eventually solved this issue, realizing that in order to create an entirely natural machine language, I must command it so in machine language. Just like how a human may only be born from another human.

In this modern world, we process digital data in order to create images; the coexistence of human and machine is inherent. In the flash when free will presses the shutter button, light is converted into codes to be recorded inside the machine, which then becomes digital information that may easily be fabricated – even the simple fact that the subject had actually existed.

In the process of transforming my career from software engineering to photography, it was this contrast between the alterable reality and fiction that bothered me while studying photography from all over the world. It was also around this time that I discovered Gregory Crewdson, Herb Ritts, and paintings by Edward Hopper. It was a joy to see that even though their works visually embodied a fictional world, they seemed to share a common concept that I define as “human consistency (as opposed to data consistency. Whereas logic and accuracy is a given in the world of machines, the same does not necessarily apply in the human world. “Human consistency” implies that some things are received as consistent and righteous among humans, with their innately paradoxical qualities, while machines may analyze them as inconsistent and erroneous)”.

My work is a creative practice of presenting “human condition” through photography, comprised of fiction and reality, and a lurking sense of egoism.

This Is Me

Compared to my mother.

Photography
Photoshop / Lightroom
Communication
Humor

Gear

Gear I currently use.

Most of questions I get is “which gear do you use?”.
Sometime I put gear information when I post on SNS but it will be easy to list up everything I have on this page.
If you have any questions more than the list below, please contact me.

「どんな機材を利用していますか?」という質問を各所でうけるのでこちらに記載しておきます。
場面や気分に応じて色々使い分けているのですが、参考にどうぞ。
更に質問があれば問い合わせフォームよりお願いします 🙂

Social Media

@artratio

Akiomi Kuroda

Akiomi Kuroda Photography

@crypingraphy

FOLLOOOOOOOW MEEEEEEEE
Follow my social media, there will be newest images.