X20150510-_DSC5027

X20150510-_DSC5366

X20150510-_DSC5427

X20150510-_DSC5095

作品制作したものを、わざわざHPで公開するなんていうことは、中々ないのですが、今回は私的な理由で少し。

このサイトの名前である、”artratio”というのは、芸術比という意味でつくった造語で
記録的でもない、かといって創作でもない、内から出る熱い思いのようなものもない。
曖昧な感覚でつくりあげている自分の写真は一体なんなんだろう。
元来写真というのは記録的なもので、被写体が何であろうと、記録的な要素は必ず兼ね備えている。
しかし、それを目的としない時、その中に、オレの場合芸術として成り立っている部分があるんだろうか?その比率は?という思いとかを勝手に込めてあるんですね。

今回の作品はそれを題にしてみた。というのはですね

オレの中で目指している芸術的要素、主に美術として目指している点が二つが達成できたです。
あくまで自分の為のコンパスのようなものなので、それが何かはここでは取り上げませんが、自分としては大いなる一歩で
撮影したのはもう半年以上前なのですが、今ようやくレタッチに取り掛かれて、あの時の自分の感覚が間違っていなかったということが少しうれしかったのです。

モデルは、イギリスから日本に来ていた外人で、海外サイトを通じて自分の作品を知ってもらい今回オファーをいただいて撮影する事になった一期一会です。
ロケーションは、しょーちゃんこと、Sho Iwaiに教えてもらった場所で、衣装はいつものあやかちゃん。
そして当然、ヘアメイクにはあのお二人で、自分としては最高のチームでした。納得のいく作品になってよかった。

ちなみに、PX3でBrozeを獲得した写真もこの日の作品です。

また、来週はこの中の一枚を制作中に、スクリーンショットをいくつか撮ったので、
そちらを解説交えて簡単に作業工程を書きたいなーとか悩み中。
乞うご期待!

協力してくれた皆さんに感謝します。

Model
Gestalta Gudd
Hair & Make
Je suis heureuse
Stylist
Ayaka Wardrobe
Hair Stylist
Ryo Ishiyama
Make Up Artist
Rie Yoshizawa